虫歯予防や歯医者さんでの定期検診を推奨するデンタル情報サイト

>

歯医者で定期検診を受けるべき理由

歯医者で受けられる定期検診と予防歯科

歯医者さんが提供する歯科医療は虫歯や歯周病といった、歯と口腔内の病疾患を直接的に治療する歯科治療がイメージされがちです。
歯科医療界隈では、かなり以前から定期検診による虫歯と歯周病の予防に注力されていましたし、予防歯科の有効性が認知されて以降は、予防歯科を扱う歯医者さんも少なくありませんでした。
従来、日本では虫歯や歯周病が発症してから歯医者に行くのが一般的であったこともあってか、未だに一般への定着には至っていません。

肝心の定期検診と予防歯科の内容ですが、定期検診は口腔内に異常がないかを検診して、歯や口腔の異常をいち早く発見することを目的としています。
予防歯科の場合、虫歯や歯周病予防のための口腔内清掃や歯へのフッ素添付を行うのがセオリーでしょう。

定期検診を受けるメリット・デメリット

過去に虫歯を発症したことがある場合、口腔内にミュータンス菌が生息していることは明白なため、虫歯リスクを抑制するためには歯医者さんで定期検診を受けるべきでしょう。
定期検診によって初期段階で虫歯を発見できれば、フッ素添付によって実質ノーダメージの状態にまで持ち込むことも不可能ではありません。
虫歯予防の観点から定期検診を受けるメリットは十分にありますし、日本人に多い歯周病の発症リスクの抑制及び、早期治療も望めるはずです。

ただ、定期検診を受けるということは定期的に歯医者に通わなければならず、予防歯科治療への保険適用などによって、定期検診も保険の対象になったとはいえ金銭的負担はゼロではありません。
定期検診は可能な限り高頻度で受けることが推奨され、確実性を求めるなら月一回、効果が一定程度は見込める三ヵ月に一回、最低限ながら効果が見込める半年に一回を目安に受けなければ効果は薄くなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ