虫歯になってからでは遅い?歯医者さん定期通院のススメ

虫歯予防や歯医者さんでの定期検診を推奨するデンタル情報サイト

虫歯の発症原因と虫歯の性質

歯磨きやうがいといった歯のセルフケアは、家庭でもできる基本的な歯のセルフケアです。
極論、歯磨きとうがいだけで口腔内の口内細菌の繁殖を抑制し、歯垢や歯石といったミュータンス菌の増殖によるコロニー形成を防止できれば、定期検診も予防歯科も必要ありません。
現実的に歯磨きとうがいだけで歯をケアしきれるのは、ミュータンス菌のような悪性の口内細菌が極めて少ない口腔内環境を持った場合に限られるため、極々稀です。

また、歯磨きやうがいといった歯のセルフケア自体も歯ブラシの形状と歯並びや顎の形状次第で歯を磨ききれないとしても不思議ではありません。
うがいで落としきれない歯垢や歯石が生じることも珍しくないため、口腔全体をケアしきるには至らず、歯間ブラシや洗口液、液体歯磨きを組み合わせたとしても、やはり歯医者さんで受ける予防歯科には及びません。

極端なものだと、家庭での歯のセルフケアが全くの無駄であるとの学説があるほどですが、歯のセルフケアが全く無駄ということはなく、歯磨きで大きな食べかすや歯垢を取り除き、うがいで磨ききれない部分をフォローすることで、口腔内の環境を一定程度は維持できます。
定期検診や予防歯科への補助的な効果に限っては、それなりに効果を発揮します。

歯のセルフケアには限界があるため、虫歯予防としての効果は不十分です。
歯医者さんでの定期検診や予防歯科と組み合わせることによって、直接的な虫歯予防効果は薄くても口腔内の健康には十分寄与できるでしょう。

家庭でもできる歯のセルフケアによる虫歯予防効果とその限界

口内細菌のうち悪性の口内細菌の一種であるミュータンス菌こそが虫歯の主要な原因菌で、一度口内細菌として定着したミュータンス菌を口腔内から取り除くことは困難を極めます。虫歯は発症してしまった段階で手遅れであり、一生涯、虫歯予防を継続するしかありません。

歯医者で定期検診を受けるべき理由

定期検診で口腔内を検診し、歯や口腔の異常をいち早く発見できれば、初期段階での治療が可能となります。予防歯科で口腔内清掃や歯へのフッ素添付を行うことによって、虫歯を予防できますが、短いスパンで定期的に検診と予防歯科を受けなければ効果は薄いでしょう。

虫歯を予防して歯を守ろう

個人が一人で問題なく日常生活を送ることができる期間である健康寿命において、歯の健康を保ち続けることは、健康寿命の長さに直結しています。健康寿命の長さが寿命にも影響することから、自然歯を守る価値は高く、完全にミュータンス菌を取り除けない現状、歯医者さんへの通院による虫歯予防がベターなのです。